アレルゲンを除去してもアトピーが治らないのは当然です

アトピーはアレルギーの一種だが同じように考えてはいけない

アトピー性皮膚炎はアレルギー症状の一種です。しかしアトピーはアレルギーと大きく違います。

アレルギー症状のひとつであるアトピー性皮膚炎ですが治るプロセスに差異があります。

なぜならばアトピーとアレルギーは同じ原因で発症しているのではないからです。

まず各種アレルギー症状には、その症状を起こす原因物質(アレルゲン)が特定されています。

ゆえにアレルギーは原因物質であるアレルゲンを除去するだけで軽快するものなのです。

アレルギーには花粉症、蕁麻疹、喘息、金属アレルギーがあります。 それぞれの症状には特定のアレルゲンがあります。

花粉症なら花粉。 花粉の季節の春が去れば花粉症も軽快します。

蕁麻疹は食物がアレルゲンです。

これは血液検査をすればアレルゲンが特定されますので、まずは検査でわかった食物を除去することです。

喘息ならカビやダニなどハウスダストを除去することです。

金属アレルギーなら金属を身に付けないことです。

そして金属アレルギーで盲点になるのは歯科治療による銀歯やインプラントの金属の詰め物。

歯科治療で金属を詰めたり、入れたりしているのなら、セラミックに替えた方がいいでしょう。

日本の歯科治療は欧米と違い遅れていて、欧米では使用禁止のアマルガムを未だ使用しているのです。

これは今後、様々な弊害を生んでいくでしょう。

話がそれました。

つまりアレルギーはアレルゲンを除去すれば軽快に向かいます。

しかし【アトピー性皮膚炎】はアレルゲンを除去しても治るとは限らないのです。

さらに言えばアトピーはアレルゲンを除去しなくても治るときは治るのです。

もしあなたが、ある食べ物を食べないで皮膚炎が治ったのなら、それは食物アレルギーであって、アトピーではありません。

よってアトピーにおいて食物除去をやっていてうまくいかないのは、当然なのです。

ですから、やっきになって「アトピーの犯人探し」のごとく「何がダメなんだ!」と食事に厳格になったり、

徹底的に部屋を神経質に掃除したりするのは新たな苦しみをもたらします。

ダニやカビ、ハウスダストを部屋から除去しても、 外に出ると防ぎようがありません。

実際、神経質にアレコレ除去しても治らない人がいかに多いか!

逆に、何も具体的なことをせずに「知らぬ間に治った」アトピーの人が大勢いるのです。

この文章を書いている私もそうでした。

また私のクライアントみなさんを見ましても、そう思えます。

まずもってアトピーはアレルギーとはちがいます。

動物性タンパク質を食べないとか、砂糖を控えるなど何か物質を除去することに効果を期待しないことです。

また油をゴマ油や良質のオリーブ油や亜麻仁油に変えてみたところで、アトピーはなかなか克服できるものではありません。

何か特定のアレルゲンを除去したり、何かを塗ったりすることでアトピーが改善されるなら130万人もアトピーで苦しむ人は輩出されないでしょう。

一方、アレルギー症状ですら、無数にあるアレルゲンを減らしていくのは難しいのです。

減感作療法(げんかんさりょうほう)ではアレルゲンをシラミ潰しに調べる方法で、ある特定されたアレルゲンを何十万倍に薄めてアレルギー患者に注射していく治療法です。

注射をしていって患者の抵抗力をつける、インフルエンザのワクチンと同じ理論なのです。

ですが期待されたほどの実績はありません。

なぜならば、アレルギーを起こすアレルゲンは無数にあるためです。

患者のアレルゲンは探さばいくらでも見つか、いたちごっこなのです。

一方で特に具体的な事をしなくても知らぬ間に治った事例が山ほどある。

そろそろ、原因を外部に求めることをやめるべきではないかと私は思うのです。

アトピーを治すことの難しさ。その理由とは?

蕁麻疹とアトピーは同じ皮膚疾患ですが症状が違います。

蕁麻疹は短時間で消えて無くなります。アトピー性皮膚炎はそうではありません。

もし、卵白を除去することで蕁麻疹が治れば、蕁麻疹という症状が出る卵白を食物アレルギーだったわけです。

皮膚炎もそうです。卵白を除去することで皮膚炎が治れば、卵白を食物アレルギーとする皮膚炎だったわけです。

しかし、除去しても治らなければ、食物アレルギーではないわけです。

アトピーの難しさはそこにあるのです。

また「アトピーは大人になれば治る」とよく言われるものの、大人になっても治らない、また大人になってから急にアトピーになる人も急増しています。

幼い頃は胃腸の機能が整っていないので皮膚疾患になりやすいと小児科や皮膚科では説明されます。

しかし、幼い頃、アトピーと診断され治療を受けるも治らず、中学、高校と進級しても治らない人も多いです。

さらに、幼い頃から治療しているが、成人になってもアトピーが治せないでいる人も珍しくなくなりました。

「大人になってもアトピーを引きずってしまう」・・・こんな事例は多いです。

「アトピーは成人になれば治る」そんな皮膚科や小児科による通説に反した事例が多いのです。

幼い頃から皮膚科に通い、成人になっても薬を手離せない人が私の元にカウンセリングを受けに来られるケースは多いです。

そういう人ばかりだと、言っていいくらいです。

ここにもアトピーの困難さの実相を見る想いがします。

しかし、難しいといっても、当然、アトピーには原因があります。

ですから、ご安心ください。

まずはアレルギーとちがってアレルゲンを除去すれば「アトピーは解決する」と考えないことです。除去食にがんばり過ぎないことです。

これがこのページでお伝えしたかったことです。

アトピーはモノでは治りません。

そうです。皮膚に何かを塗るだけでは治りません。食事改善だけでは治らないのです。

どうやら、あなたの概念を変えないといけないようですね。

アトピーを完治したいのでしたら、まずは完治のメカニズムを学ぶことです。

アトピーを完治された私のクライアントさんは皆さん「アトピー完治のメカニズム」を学ばれています。

まずはあなたも下の過去の投稿ページのリンクをクリックして完治の秘訣を知りましょう。

クライアントさんのアトピー克服の経過も知ることができます。

アトピーの原因と完治のメカニズム

まず知ることです。自己流で完治できるほどアトピーは甘くないのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加