アトピーを理由に仕事を休んだり会社を辞めてもいいの?

アトピー患者は「会社を辞めたいです」なんて、素直にいえないのです

夏の日差しに当たる会社員

「アトピーを理由に仕事を休んだり、会社を辞めることに気が引ける」

そんな想いをするのはアトピー患者だけでしょう。

え?

だって、他の病気ならば素直に「休みたいです」「会社辞めたいです」といえますよね。

だが、アトピー患者はできないのです。

アトピーを理由に「休みたいです」なんて、気が引けて会社にいえないから。

しかしながら、

私はアトピーを理由に会社を辞めたことがあります。

その時の身体の状態は入院一歩手前でした。

痒みが激しく仕事に集中できないのはもちろん、

「動悸が激しい。息苦しい」

「乾燥肌が猛烈に激しくて、

冷房がキンキンに効いた職場に1分もいられない」

こんな極限状態になって、やっと「働くことができません」といえました。

そう、アトピーは身体が動けなくなるまで、働いてしまうのです。

前もって、会社を休んで、体を休ませるなんて発想は微塵もございません。

それがアトピー患者の胸の内です。

写真はアトピーで退職当時の私です。

アトピーの私の顔です。

写真のように私は25年以上、アトピー症状でした。

会社を辞めたのは2001年の8月。人生、3度目の激悪化でした。

5月に発症して8月に辞めるまで3か月も耐え忍んでいました。

3か月間、地獄でした。

朝のきつい日差しが地獄が始まる合図でした。

窓ガラスで増幅された日光がアトピーの肌を切り刻みます。

身体は寝ている間にかいた汗でびっしょり。

掻いた傷が汗で沁みる。

もう痛くて身体が動かない。

首も回らない。全身の掻き傷に汗が沁みて痒くなる。

でも、動かないと会社に行けない。

朝ご飯を食べる。食べたら汗をかく。また痒くなる。

顔が暑い。もう目の周りは真っ赤になっているはずだ。

今日も鏡に浮かぶ自分の顔を気にしてしまう。

もうずいぶんファンデーションしてないなって、女性ならそう思うだろう。

暑くてもスカートがはけない。ずっとパンツばかりだ……女の人から何度も嘆きをうかがったことがある。

シャツの袖に腕を通す。すぐに汗でベタベタになる。

上着を着ると一気に身体が火照って熱を感じる。

汗がじわっと感じる、とたんに痒みが激しくなる!

気づけば、せっかく着たシャツを脱いで、身体を掻き毟っている! 

早く家をでないと遅刻だぞ!

でも、

もう、こうなれば終わり。動けない。

他人がこれを見れば「なにをしているんだ。おまえ」っていわれるはずだ。

痒みだけでなくて、どっと身体に気だるさを感じる。

もう心が陰鬱、寝込みたくなる。

ほんと夏の日の朝は地獄でした。

それでも出勤するのですが、会社の冷房が乾燥肌をさらにカサカサにします。

一気に身体から水分や湿り気が奪われ、ミイラみたいにカスカスの肌になる。

顔の皮膚がピシッて固まって、笑うこともできない。

まるで紙のように全身の皮膚に湿り気がない。

シベリアのツンドラ地帯のように、夏だけどカサカサ、カサカサ乾燥しまくっている。

身体を動かすたびに皮膚の裂ける音が聞こるかのようだ。

どうせ明日もそうだろう。

明日は今日と同じだろう。ずっと同じだろう……。

でも、しょせん「一人芝居」

周りの職場の人たちなんて、自分がこんな想いをしているなんて、わかるわけないのだ。

アトピー患者しか知り得ない「辛さ」なんて、あなたの上司・同僚には理解できない

さて、

ここまで書いたあなたの辛い心境やアトピーの猛威を、

あなたの職場の上司や同僚は知っていると思いますか?

知るわけありません。

話せばわかってもらえるでしょうか? 無理だと思います。

たとえ理解されても「だから?」としか思われない。

なぜだと思いますか? ここがアトピーと他の病気の違いです。

他の病気だと、あなたのしんどさが理解されて、

「会社を休む、あるいは辞めること」に同意してもらえやすい。

しかし、

アトピーは辛いけど歩けるし、手も使えるのです。動くことができるのです。

ここが違うのです。身体を動かすことができるのです。

なかなか上司からすると「辛いのはわかるけど、働けるでしょ?」となる。

あなたが自分の辛さを上司にいったとしても、

口には出さないがこう思われるに違いない。

「休んでもらっては困るんだよね」

「今、人が足りないし」

「なんとかしてもらいたいな」

「ステロイド塗らないの?」

「病院に行ってないの?」

「治せないのか?」

「薬塗ればすぐに治るでしょ?」

 アトピーの辛さは目に見えません。よって会社は理解できないのです。

さらに理解されにくい原因があります。

それは、ずばっと「休みたいです」「辞めます」と自己主張できないから。

他人に気を使ってしまうから。遠慮してしまうからね。

だから、押し切られるのです。

「うーん。辞めないでほしいな」

「こっちも大変なんだよ」

「もう少し頑張って! ね!」

そういわれると、頼られているようで嬉しくなる人が多いです。

だから、休みたいのに休めない……! ことになっていく。

そして、会社を休む・辞めると言い出せないあなたがいる

会社員

会社はアトピーの辛さを理解しないのと、あともうひとつ、

アトピーが他の病気と大きく違う点があります。

それは、あなたが「動けるし。私はまだ頑張れる」と思ってしまうこと。

これは他の疾病や障害ではありえない患者の考えですよ。

実際、私も会社を休むという発想がありませんでした。

ずっと顔を真っ赤にカサカサにさせて会社に行ってました。

みんなの目線ですか? 厳しいに決まっているじゃないですか。

女性社員さんが私の机を雑巾で、ふいてくれるのですが……それは辞める間際でしたかね、

その女性社員さんがこんなことをいうのです。

「渡辺さんの机って皮が落ちてるので、床に落とさないようにして掃除をするのが大変なのです」

と、みんなの前で、いわれたことを今でも覚えています。

ショックだったか?

いいえ。

ただただ身体がしんどかったので気にする余裕がありませんでした。

また、仕事現場に行った時、「まあタイヘン! タイヘン! なんであなたみたいなのが来たの!」と、

取引先の初対面の女性スタッフにいわれたことも昨日のように覚えています。

さらに、上司の課長に「おまえそのアトピーの赤い顔! どうにかしろや!」と、いわれても、

私は会社を辞めませんでした。

それはなぜでしょうか?

手も足も動けて歩くことができたからです。

動けますから! 営業できますから! デスクワークできますから! パソコン打てますから!

アトピー患者は自分自身の深刻さを我慢できる だから休めない!

本当は辛いのです。

出勤前の朝なんて地獄ですから。

しかし、アトピーの方は我慢強いのです。

さらに、自身の深刻な状態を否認しがちです。認めたがらないのです。

私も自分の気持ちを麻痺させて働いていました。

だから、なかなか休もうとしない。

よって、入院一歩手前になるまで「ギブアップ」といえないのです。

そういえば私はある団体の簡易な保険に入っていましたけど、

疾病見舞金を請求しなかったですね。

どこかしら「アトピーは病気じゃない」って思い込んでいたからです。

しかし、

身体が動かなくなり動悸が激しくなって、白旗を上げました。

社長に退社を願った次の日から会社に行きませんでした。(行けませんでした)

ギリギリまで頑張ってしまったのです。

これが大事! 「あなたはどう思いたいのか? どうしたいのか? どう生きたいのか?」

未来の選択

ひょっとして、今のあなたはこう思っているかも知れませんね。

「会社を辞めたってアトピーが治るわけないし……」

「仕事を辞めて家にいるのは惨め(みじめ)だ」

「そんな無職の惨めさを味わうくらいなら会社にいたい」

「仕事をやめて家にいても生活に張りがなくなるのが怖い」

「家で鬱積を抱えていれば、余計にアトピーは悪化するのではないか?」

「再就職できるかどうかわからないし」

「仕事せずに家にいたら両親に迷惑かけるし……」

「ならばしんどくても会社を辞めない方がマシだ」

 

なるほど。

 

では、

ここで、あなたの過去の自分を振り返ってください。

アトピーの方は「やるか・やらないか」の選択の際、

「やらない」を選ぶことが多かったのではありませんか?

しかし、それでは何も得られないのです。

いいですか?

アトピーは働けなくなるほど深刻な病気です。

これをまず認めましょう。

そして、

会社を休みたければ、休めばいい。

辞めたければ、辞めればいい。

上司の理解なんて不要です。

そして逆に、

会社を休まない、辞めない道を選んだあなたへ。

その休まない、辞めない選択の理由が「何かを失いたくないから」「何かを避けたいから」であるならば、

「あなたの身体」は「あなたのその選択」によって「組織や他人に捧げられた」と、思っていることでしょう。

「何かを失うのが怖くて」「何かを避けたくて」といった基準で身の振り方を選択しているからです。

そこに、あなたの主体性がないからです。

そうではなくて、

あまたがどう思い、何をしたいのか? 何をつかみたいか?

これに、こだわるべきです。

アトピー完治体験者として、ここで大切なことをお伝えします。

会社を休む、辞めると、身体が休まってアトピーが治るとは限りません。

休む・辞めると治ると期待しない方がいいです。

一方で、仕事を続けると「生活に張りが出て治りやすくなる」という考えも有効ではありません。

つまり、仕事のストレスはアトピーの核心的な原因ではないのです。

(仕事のストレスは発症の引き金ですが、根源的な原因ではありません)

このあたりのニュアンスは完治経験者しかわからないかと思いますので、

アトピーを治すとはどういうことなのか?

これを解説したページ→アトピー完治のメカニズムをお読みください

会社を休む・辞めることをしても治るとは限らない

会社を辞めて実家で静養生活に入った私でしたが、

快方に向かったかといえば、ノーでした。

さらに悪化したくらいです。

私に相談に訪れる方も退社してからも、治らない人が多いです。

ここで見えてくるのは、将来のことを気にしないこと。

まずは、しんどければ我慢しないで、会社を休む・退社することです。

あなたの身体や心に従うことです。

アトピーも病気ですから。

そして、病気といえば薬です。ステロイド塗ってますか?

ステロイドに留意しないと、家で療養しても症状は長引くかもしれません。

なぜならば、ステロイドは長く塗ると効果がなくなるなど、思い通りに行かなくなるからです。

ステロイドの副作用については、こちらのページ、アトピーにステロイドが効かなくなる日をお読みください。

どうか、気を落とさないで、ください。

自分を大事にしてください。

アトピーは治るのですから。

症状期間中と完治後の写真

写真は同一人人物です。どちらも筆者の私です。

はっきり言えるのはただひとつ。

あなたの人生は時間でできていて、

有限であること。

そして、あなたの全細胞は今でもあなたのために24時間働いていること、です。

時間も身体も自分の意思で納得して使わないといけない。

会社に気を使い過ぎて、苦しさを押し殺してはいけないですよ。

アトピー解放心理セラピスト
特定非営利活動法人
日本成人病予防協会会員
健康管理士
ワタナベ勲

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加